妊娠中の敏感な肌に

2018年3月12日 / 未分類

仲良くしている友人が妊活を頑張っていた頃、漢方を服用していました。彼女が言うには体質から変えたい、と考えているようでした。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら飲むことに抵抗がありませんね。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを妊娠できたので、みんなでお祝いを計画しています。妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を摂取するように、と雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。野菜を十分に摂れない時は、葉酸のサプリを飲んでも良いそうですから、ちょっと安心しました。安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。いわゆる不妊症の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性側要因と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性由来のものとが考えられるでしょう。

妊娠中 お勧め 化粧品

しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男女ともに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、しばらく経ってから、もう一度、チャレンジしてみようと妊活を始めました。妊娠に適した体になるように、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、苦手だった運動を始めました。運動によって新陳代謝が良くなったのか、低かった基礎体温が上がり、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、話を切り出しづらくて、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでも妊娠に至らず、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。幸い、早々に二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意する期間ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る