処理後のアフターケアも忘れずに

2016年7月13日 / 未分類

脱毛器、脱毛サロン、どちらがよろしいのでしょうか。

各自の環境によっても変わりますが、通える距離にサロンがあるならば、ちょっと手間のかかる脱毛器より、脱毛サロンを利用して、脱毛処理をしましょう。自分の好きなタイミングで脱毛したいなら、家庭用の脱毛器で脱毛すると良いでしょう。効果的にムダ毛処理をするための脱毛器は少々値が張ってしまう可能性があるでしょうので、よく検討するようにして頂戴。

光脱毛は、特別な光を体にあてることによる、ムダ毛を作ろうとする毛根を破壊する脱毛法のことです。

光を照射するのは、1度では無駄毛の生えてくる部分のすべてを壊すことは不可能ですから、ムダ毛が抜けて次に生えるときに光をあてる処理を何度かしたら、すべてのムダ毛をきれいにすることができます。どうしても光脱毛だとレーザー脱毛に比べてムダ毛の処理効果があまりないかも知れないでしょうが、痛みを感じたり、お肌が荒れたりすることが少ないのが長所です。脱毛サロンで脱毛をしに行く際は毎回事前に、施術をうけることになっている部位のムダ毛は自分で処理しておきます。ボーボーにムダ毛が生えた状態では脱毛のための光を当てることができないので、ムダ毛が皮膚の上に見えないようになるまで剃っておきましょう。
サロンへ行く前日に処理するのはよくないので、二、三日前におこなうといいでしょう。
処理後のアフターケアも忘れずに行ない、炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)が出ないようにします。
アトピーの人が脱毛エステを訪れて施術を望んだ場合にサービスをうけられるかどうかというと、お店によっては断られてしまうこともあったり、医師による施術への同意書が必要なところもあるでしょう。一目見てそうだと判断できるくらい皮膚が炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)を起こして状態が悪いようだと、脱毛は不可能であると考えて頂戴。

そして、もし、ステロイドを治療薬として使ってる場合は、腫れ、痒み、赤みなど、程度は様々ですが、炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)を起こす例がありますので、気を付けて頂戴。

脱毛サロンで施術をうけるときは、その方式によって事前に利用者が気をつけておく点があります。サロン側で事前に説明して貰えますが、まだサロンを利用したことのない方は、ご一読いただき、こんなものかなと思っていただけると幸いです。一般的な光脱毛の場合、予約日の前にはあらかじめムダ毛を剃り、自己処理しておかなくてはいけないのです。きれいにといってもプロの仕上がりを目指す必要はなく、普通に剃る程度で構いないでしょう。実はこの自己処理は、光脱毛の下準備としてとても大事なことなんです。
ムダ毛が残ったままだと光脱毛のライトがムダ毛の黒いところに反応してしまって、本来作用すべき毛根のメラニンにきれいに当たらないばかりか、拡散してしまって効果が得られないのです。安全性と効果をきちんと提供しているサロンでは、施術がうけられなかったり、注意されることもあるでしょう。サロン側では予約時間内で効果的な脱毛を提供するよう心がけていますので、ユーザー側としても充分な効果を得るための準備は怠らずに行きたいものです。

ところでこのムダ毛の事前処理ですが、ムダ毛を抜いたり脱色したりは作用すべきメラニンがなくなってしまうと、光脱毛の効果が得られなくなってしまいます。

自己処理したアトの黒いブツブツが気になるかも知れないでしょうが、光脱毛の場合はその黒い部分が残っていることが良い結果に繋がるのです。剃るか、市販のリムーバーで溶かす方法なら毛根をのこして頂戴。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る